翻訳作業進行中

テクスチャの作成

アイコンをクリックして開くメニューにある、アニメーションのテクスチュアライズについて説明します。

ワープキャンバス、そしてブラシツールの機能を組み合わせることで、TVPaint Animation は、テクスチャの上をアニメーションが動くのではなく、テキスチャをアニメーションに合わせて動かすことができます。

1つ重要なことは、貼り付けるテクスチャがプロジェクトと同じサイズであることです。

テクスチャは描画スペース全体を占める必要はありませんが、ファイル自体はプロジェクトと同じサイズである必要があります。テクスチャはプロジェクト内で直接作ることができます。他で作ったものも縮小したり拡大したりしてプロジェクトと同サイズにすることも可能です。

また大事なのは、テクスチャを貼り付けたい部分(服、肌、髪など)をアニメーションの全てのインスタンス上の色をカバーできる大きさのテクスチャを作ることです。

プロジェクト「Bob」では、キャラクターのスカーフにテクスチャを貼り付けることができます。16個のインスタンスを見ると、スカーフは大きな動きをしています。このため、全てをカバーできるテクスチャが必要になります。

テクスチャを作るには、塗りつぶし長方形キャンバスを使うことができます(キャンバスについては第2課参照)。

新しいアニメレイヤーをキャラクターのレイヤーの上に作成すれば、キャラクターの形を見ながら作業ができます。



描く画は1枚だけで大丈夫です。画を描く作業が終了したらこれをテクスチャとして書き出します(第9課の書き出しモードを参照)。

書き出すファイルには一目で見て分かる名前をつけることをお勧めします。ファイル管理のためには重要です。



作成したテクスチャは、ライブラリ (第2課参照) を開いて、新規画像オプションで保存するか、プロジェクト内に作成したフォルダ内で保存します。テクスチャ作成のために使用したアニメレイヤーは、削除するかタイムラインのレイヤーの下に移動し非表示にしてください。