翻訳作業進行中

画像

画像ガイドは、既に紹介したガイドとかなり違いますが、非常に便利なガイドです。

ライブラリに予め画像を保存しておけば、ワークスペース内に参考となる画像を表示できます。描画スペースの外側にも表示可能です。
ワークスペースのグレーの部分に、他のソフトウェアを使う必要なく、画像、ラフ、背景などを配置できます。
この機能により、描画スペースの下に画像を置くこともできます。こうすれば、画像を見ながら画を描いたり、画像を下絵にしてなぞったりもできます。

この機能は、あくまでもガイドです。このため、コピーや貼り付けをしたり、画像ガイドの一部を選択したりはできません。また、この画像はインポートされた画像ではありません。
画像ガイドは、プロジェクトを書き出ししても表示されません。しかし、色を直接カラーピッカーで取ったりするのに便利です。
画像ガイドを閉じると、ガイドは削除されてしまうので、また新しく追加する必要があります。ガイドを閉じないでプロジェクトを保存して閉じると、次回に開いた時に表示されます。


画像ガイドを追加すると、プロジェクトのライブラリが自動的に開きます。



使いたい画像の上でダブルクリックします。選択された画像がワークスペース上に表示されます。青い枠線の上で左クリックすれば移動できます。

次にガイドラインパネル内で様々なオプションを設定できます。



他のガイドと同様、オプション (ガイドの表示/非表示透明度) のパラメータは同じ機能を持っています。

透明度オプションはデフォルトでは 100% に設定されています。これは変更するための枠線ではなく、画像ガイドに適用されます。透明度の値を変えることによって、画像ガイドを直接なぞって描くことができます。

スナップアシストオプションは、画像ガイドには利用できません。

X座標Y座標回転サイズオプションは、画像ガイドの位置とサイズを表示します。数値フィールドと右の矢印を使ってこのパラメータを変更することができます。

編集ボタンをクリックすると、画像ガイドの青い枠が再び現れ、手動でガイドを変更できます。

この枠線は、変形ツールや後で説明するカメラツールのものと似ています: 枠の四隅を動かしてサイズを拡大縮小したり、中心の点を使って移動したり、右の辺の真ん中にある点で回転したりできます。



パスオプションは、画像の名称とファイル形式を表示します。
右にある(...)ボタンをクリックするとライブラリが開きます。
ここで別の画像を選択すると、ガイドの画像が差し替えられます。



反転オプションのなしとなっているサブメニューを開くと、反転のパラメータを変更できます:水平方向垂直方向両軸から選べます。


これは、複数の画像ガイドを描画スペースの外側に配置した例です。