翻訳作業進行中

レンダリング  > マルチラインテキスト



レンダリング > マルチラインテキストのエフェクトは、TVPaint Animation プロフェッショナルエディションで非常に重要なタイトル作成用ツールです。

このエフェクトを使うのに必要なのはテクストラインをインポートすることです。以下の方法があります:
* ascii .txt 形式のファイルで保存されたテキストラインを使う。
* クリップボードに保存されたテキストラインを使う (例えば、別のソフトウェアで開いているテキストをカットまたはコピーする)。

テキストを入力すると、画像上に表示されます。このエフェクトでは2種類のH.U.D 編集が利用できます。画面上で操作できるH.U.D 編集の種類は、どちらのタブを選択するかで変わってきます:
* H.U.D編集 レイアウトタブでは、角度、サイズ、中心を編集できます。
* H.U.D編集テキストタブでは、テキスト自身を編集できます。


HUD編集 レイアウトHUD編集テキスト

HUD のハンドルの並び方は、以下の9つのボタンから選ぶことができます:



テキストを水平にして、左詰め、中央寄せ、右詰めにすることができます。



テキストを垂直にし、左詰め、中央寄せ、右詰めにすることができます(下のテキストは90°回転した例)。



最後の3つのボタンは、水平方向及び垂直方向にラインの間の幅をずらすことができます。
入力欄の数値はピクセル値になります(マイナスの値を設定することも可能)。



レンダリング > シンプルテキストのエフェクトと同様に、それぞれのラインをアニメートすることができます。
FX スタックパネルの枠のついた部分に、前の章で説明した フォント, 中心ボーダーのオプションが入っています。

パネルの一番上のラインポップアップメニューでは、ラインの新規作成、名前の変更、複製、削除ができます。
パネルに表示されているオプションは、このメニューに表示されているラインのオプションになります。



各ラインの全てのオプションに対して、ラインポップアップメニューの右に表示されているアニメーションキーを設定することができます。

アニメーションポップアップメニューの説明をします:
* ロールオプションを選択すると、テキストをプロジェクト画面の下から上に移動させることができます。
* クロールオプションを選択すると、テキストをプロジェクト画面の左から右に移動させることができます。
これらのオプションの進行は、場所オプションを使って設定することができます。
0% や 100% などの極端な値を設定すると、画面からテキストが見えなくなります。
50% は、プロジェクトウィンドウ内のテクストラインの最初の位置に該当します。