翻訳作業進行中

タップ割り(アウトオブペグズ)機能

「タップ割り(アウトオブペグズ)」は、カレント画像の前後の画像を移動することのできる機能です。これにより、より簡単に動画を描くことができます。この機能はライトテーブルパネルにあり、アニメーションの最終的なレンダリングには影響ありません。プレビュー時も同様です。

ここでは、例として走っているキャラクターのアニメーションを使います:



このアニメーションにはインスタンスが3枚ありますが、その間を埋める動画を描く必要があります。まずは、最初と2番目のインスタンスの間です。最初のインスタンスの上で[Del]キーを押すか、 アイコンをクリックして、2つのインスタンスの間に空のインスタンスを1つ作成します。

次に、ライトテーブルパネルを開き、アニメーションのレイヤーのライトテーブルをオンにします(スクリーンショット参照)。これで、前と後の画像が表示されましたので、動画を描く準備が出来ました。



ライトテーブルパネルには、マウスのカーソルを持ってくると、それぞれの画像番号とスライダーの下にグレーの四角が現れます。カレントフレームの前後の画像を選択して移動したい場合は、グレーの四角をクリックしてください。

例えば、カレントフレームの前のフレームの下の四角をクリックすると、四角が 「0」 になり、フレームにHUD(アンカーポイントのついた枠線)が表示されます。これを移動することで、顔を描いたり、足の長さをチェックしたりできます。HUDを移動すると、色が緑から赤に変わります。別のフレームの画像を移動したい場合は、別のフレームの四角をクリックします(例:カレントフレームの後のフレーム)。

画像を移動するのに、必ずHUDを操作する必要はありません。ライトテーブルパネルの座標を変更しても移動可能です。



全部移動オプションをオンにすると、選択している全ての画像を一度に動かすことができます。



画像を移動すると、画像の下の「0」が継続して表示されます。これで、移動をしたことが分かります。必要な画像の移動が完了したら、描画ツールを使って動画を描きます。ライトテーブルの表示をリセットしたい場合は、カレントフレームの下にある、白い「X」をクリックしてください。

「0」の上で右クリックをし、リセットを選択すると移動した画像を一つ一つ解除することができます。

後は動画を仕上げるだけです。