2Dアニメーション制作の、 万能ソフトウェア。

 

これぞ「制作」必需品。

TVPaintアニメーションは、先進のラスター(ビットマップ)技術を搭載したソフトウェアです。あなたが思い描いたイメージを、あなたの好きな画風…アクリル絵具、水彩、油絵、木炭画、ペン画…で自由に動かすことが出来るのです。

TVPaintアニメーションは作品の雰囲気・作業工程・表現手法を「ソフトの都合」で縛りません。一本で全行程を行うもよし、使い慣れたソフトと組み合わせるよし。ハーモニー処理・ロトスコープ・実写やCGとのブルーバック合成、なんでもお申し付け下さい。

TVPaintアニメーションは動画机

TVPaintアニメーションは作画工程に必要なツールをすべて盛り込みました。カット毎に区分・管理可能なプロジェクトライン機能(原画・動画・カット袋に相当)を筆頭に、ライトテーブル・360度回転ワークスペース(キーボードのcontrol+alt/optionキー押下)・軟質B4鉛筆そっくりの描線ブラシに消しゴムも揃えています。中割りを終えたら席を立たずにモーションチェック(初期設定は十字キー右・左。上・下変更可)。そのまま動画/作画監督チェックに送れます。ロスタイムにさようなら。「Mouse」 :David T. Nethery 氏 ステップ・バイ・ステップ昨日までの待ち時間は今日から作業時間に変わります

作画用紙とTVPaintアニメーションのイイ関係

by Nathan Otano 制作環境がアナログからパソコンに移ろうと、アニメーターが一枚ずつ大切に作画・クリーンアップ・彩色してゆく過程は変わりません。TVPaintアニメーションは手作業の丁寧さを損うことなく、効率性を高めます。
●「ペグホールの登録(タップ位置検出)」はスキャン情報として記録したタップ穴を検出・記録し、個々の作業で散乱した作画レイヤーを瞬時にソート・整列します。
●「スキャンクリーナー」は主線の書き味を尊重しつつ、スキャニングデータやデジタルで作成された原画を透明レイヤーへと変換しそのまま彩色作業に移すことも出来ます。

彩色・ペイント

「Oripeaux」 : Sonia Gerbeaud 氏と Mathias de Panafieu 氏の合作




TVPaintアニメーションは詳細設定可能な塗りつぶしツール(バケツツール)を搭載しています。原画・動画(作画)レイヤーを「塗りつぶし領域のソース」に指定することで、主線そのものを選択範囲としながら彩色レイヤーに色を乗せることが出来ます。主線に閉じていない領域(例えば、円を描いたはずがよく見るとCの字の隙間が空いていた!)があっても大丈夫。微調整可能な「隙間」オプションで塗り漏らしも防ぎます。オートカラーピッカー(色を自動選択)はカラーパレットを操作することなく、既に彩色されたレイヤーの領域から1クリックで望む色をスポイトします。



さらにマスクペーパー(テクスチャ)を組み合わせれば、彩色レイヤー情報の情報を維持しつつテクスチャ効果を合成できます。

より詳しい情報は「作画 & イラストレーション」をご覧下さい。

「べトン」 : Ariel Belinco 氏 と Michael Faust 氏の合作 「燈台守」:映像学校ゴブランの学生 「ジャンクヤード」 : Hisko Hulsing 氏 Le petit blond avec un mouton blanc - Metronomic
自由な表現力が生み出す個性豊かな作品の数々…

ちなみに、一般的な色塗り機能(パイント缶、塗りつぶしフリーハンドなど)に加えて、仕上げ作業に便利な特殊効果/FXも使えます:
• 「色置き換え」又は「色合い置き換え」で色の画像を簡単に変更することができます。 ;
• 「膨張」で透明度とグラデーションのニュアンスを保護しながら塗りつぶしした範囲を広げることができます。 ;
• 「ラインカラーズ」で絵の線の下にある色で線を塗ることができます。 ;
• 「はめ込みテクスチャ」又は「拡散ブラシ」でアニメーションにテクスチャーを付けることができます。 ;

詳しくはポストプロダクション・特殊効果 のページにアクセスして下さい。

動画編集・ロトスコープ

「ケーブル街の戦い」 : Yoav Segal 氏 AVI、に代表されるMPEG汎用形式…外部動画ファイルもTVPaintアニメーションにお任せ下さい。ドラッグ&ドロップで簡単インポート。変換作業で時間を無駄にしません。読み込んだ映像はそのまま「イメージシーケンス(映像トラック)」に配置されます。プレスコ(プレスコアリング・先行録音)データは作画・動画レイヤー同様独立したトラック(レイヤー)として管理されますので、互いの編集・変更結果が干渉することもありません。

「ケーブル街の戦い」 : Yoav Segal 氏

実写とアニメーションの「融合」。TVPaintアニメーション プロフェッショナルエディション搭載のキーイング機能は、ブルースクリーン合成による天気予報士と天気図の映像・実写俳優とアニメキャラクターの「共演」・SF映画でおなじみレーザーソードの剣劇まで、幅広いVFX表現を実現します。

Invest Northern Ireland - Cartoon Saloon 「Seppälä」 : Piñata 氏 「Freak of the week」 : Fortiche Prod & Juanjo Guarnido 氏 「バブル・ウィッチ・サガ 2」 : Nexus Prod
実写または3D素材を2Dアニメーションと融合させて制作された商業的なフィルムです。画像上でクリックすると、関連のページにアクセスできます。

音声編集

TVPaintアニメーションのタイムライン(時間軸)ウインドウはサウンドスペース(音声トラックのプレビュー)タイムライン・ノート(手書き入力欄)、2つのサブウインドウによる「音声コンテ」機能を搭載しています。
1トラック(TVPaintアニメーション Standard Edition)またはマルチトラック(Profesional Edition)に音声の抑揚・台詞・指示を加えれば、それを参照しつつ音声編集に反映することができます。
ストップモーション・人形劇・劇場用作品など、プレスコ(プレスコアリング・先行録音)音声に作画の動きをあわせる「リップシンク」の制作にも活躍するでしょう。

Step - Chad Essley

仕事道具として

TVPaintアニメーションの「多機能性」は、ユーザーを振り回しません。

スケッチパネル(キャンバス)はデジタル化された作画用紙です。青鉛筆でアタリ・オレンジ色鉛筆で作監修正・クリーンアップを黒鉛筆と「1枚のレイヤー」で完結できます。(※TVPaintアニメーションはこれら3つの用途専用に設定された3色までのカラー情報を管理・保持します)

● カラーグループ機能でレイヤースタックを整理することができます。例えば、背景のレイヤーとキャラクターのレイヤーを色別で分けるとレイヤースタックが見やすくなります。

● "ストップウォッチ"機能でアニメーション、ダンス、サウンドトラックなどの拍子を記録することができます。その拍子はムービー絵コンテ、レイヤー、サウンドトラックに展開することも可能です。

くり返し画像は1枚のレイヤー上の同一あるいは近似値色を一括選択します。

ガイドライン (以前に紹介された機能)で描画にセーフエリア又はフィールドを追加することができます。;

FX(特殊効果)処理の処理もシームレスに行えます(カメラ・色管理・発光ほか)
より詳しい情報は「ポストプロダクション・特殊効果」をご覧下さい。

ツールバーに収納したオリジナル・カスタムパネルによく使うブラシ・定型作業を記録したスクリプトをボタン登録できます。同じ作業の繰り返しは過去のものとなりました。
カスタムパネルは登録内容を保持しつつ保存・エクスポート可能。部署ごと・あるいは制作現場全体でのワークスペース管理にお役立て下さい。

シェアーマネージャーのおかげでネットワーク上に他のチームメンバーとの間プロジェクト又はカスタムパネルを共有することができます。




おすすめEdition

「100 pounds Stongo」 : David T. Nethery 氏 TVPaintアニメーション Standard Editionの充実した基本性能は1本の企画から優れたアニメ作品を生み出すに十分なものです。

TVPaintアニメーション Professional Editionはより高い表現力と生産性をもたらすでしょう。
● アフレコ・ダビングなど複数の音声チャンネル編集に対応(マルチトラックサポート)
● セル・カメラワーク・撮影・特殊効果の設計図「Xシート」(タイムシート・撮影伝票)
● 全ての"ポストプロダクション・特殊効果"機能を搭載
● 全てのレイヤー合成モードに対応("作画 & イラストレーション"をご覧下さい)