2Dアニメーション制作の、 万能ソフトウェア。

 

TVPaint Animation 11

TVPaint Animation 11

TVPaint Développement の開発するTVPaint Animation の新バージョン v11(スタンダードエディションとプロフェショナルエディション)がリリースされました。

このバージョンの開発のために18ヶ月を要しました。新しく導入された機能は以下の通りです。

インターフェースデザインの改善でより使いやすく

インターフェースの基本色を改善し、アイコンのデザインも刷新

今回のバージョンアップで、TVPaint Animation のインターフェースが新しく生まれ変わりました。

長年のTVPaint Animation のユーザの方や初心者の方でも使いやすいように、インターフェースの基本色の明るさを抑え、アイコンも刷新され、表示色もグレーにしました。

より明るいインターフェースをご希望の方もご心配なく。例えば、デフォルトの「Orage」のインターフェースがお好きでない方は、環境設定でより明るい色を選択し、アイコンの色を暗くすることも可能です。

New colors + new icons = awesome interface ! :)

タイムラインの改善

TVPaint Animation をより使いやすくするために、タイムラインも改善されました。

新バージョンから、左下に5つのボタンが新設されました:
・「メモ」ボタンは、
・「サウンド」ボタンは、サウンドトラックを管理するスペースを表示します。
・「色グループ」ボタンは、色グループを管理するパネルを開きます。
・「背景」ボタンは、描画スペースの背景を変更できます。
・「フレーム開始」ボタンは、最初のフレームを 0 または 1 もしくは他の数値からはじめることができます。

Improved Timeline

色グループによる新しいレイヤー管理

インターフェースをより見やすくするために、以前使っていたタイムライン上の色タイルを廃止し、より便利なボタンを配置(前述参照)しました。

カラーグループとそのオプションは、専用パネルに集約されました。

このパネルからカラーグループの様々な機能にアクセスできます。例えば「グループを保護するためのパスワードの設定」「グループを(非)表示に設定する」「グループを表示する/非表示にする」等です。

ここにある「リフレッシュ」ボタンで、プロジェクト内で使われている現在作業しているグループのみを表示できます。

Color Group Panel

画像ライブラリ

テクスチャ、キャラクター設定資料、参考資料を保存するために、TVPaint Animation 11 には、新しく画像ライブラリ機能が追加されました。保存できる画像は、外部から取り込むファイル(PNG、TGA、JPG等)、現在作業中の画像(現在作業中のレイヤーのもの)、

ライブラリはプロジェクトに保存されます。このため、TVPaint ファイルを開くときに必要な画像を一緒に開くことができます。また、画像共有管理ソフトウェアを通して送る場合もライブラリは一緒に保存されます(プロフェっショナル版のみ)。

Image Library

レイヤー・プリセット・マネージャ

一人一人の作業形態が違うことを考慮し、 TVPaint Animation 11 にはレイヤー・プリセット・マネージャが追加されました。このパネルでは、様々なオプションを持ったレイヤー・プリセットを作成することが出来ます:

- レイヤーのタイプ
- 長さ
- 構造
- カラーグループ
- 接頭辞
- その他

一つ一つのプリセットに名称をつけて保存し、インポートすることも可能です。

Layer Preset Panel

2K と 4K のアニメーション : TVPaint のインターフェースを倍に

我々が使うディスプレイ(コンピュータ、TV、タブレット端末)は、日に日に性能が上がり、2kと4kの解像度が実現されています。

TVPaint Animation も、この技術革新に適用するため、インターフェースのサイズを倍(または3倍)に拡大することが可能になりました。

Windows メニューの刷新

毎年、TVPaint Animation には新機能と新パネルが追加されてきました。以前使っていた不明確なカテゴリーを改め、新しいカテゴリーの下、様々なパネルに再集約されました:

- アニメーション・パネル (アニメーションのための補助パネル:ライトテーブルやストップウォッチ等)
- ドローイング・パネル (描画のためのツール:紙やラインスムージング等)
- 表示パネル (付随的な要素を表示や非表示:座標やサウンド等)
- 特殊効果 FX ツール・パネル (FX スタックを開いたり、その他のFX 補助ツールを開く)
- その他

New Windows organization

彩色とテクスチャ貼り付けが、とても簡単になりました!

新タイプのレイヤー:CTG レイヤー

TVPaint Animation 11 には、CTG(カラー・テクスチャ、ジェネレーター) レイヤーという、簡単に彩色とテクスチャの貼り付けができる新タイプのレイヤーが追加されました。

このレイヤーは、色とテクスチャを、1つあるいは複数のソースから適用することが可能です。単色で塗る場合、白いスペースを残しません(線で囲った形の中を完全に埋めます)。また100%不透明です(コンポジットのプロセスで必要)。

CTGレイヤーは非常に強力なアルゴリズムを使うため、彩色するのに線が閉じているかどうかは問題ではありません。クリーンアップをしていないスケッチ段階の画を使っても彩色可能です。

カラー・ライブラリーの管理

CTG レイヤー内では、カラーライブラリを作成することが可能です。

このライブラリには、好きな色を線tなくして手動で色を追加したり出来ます。また、描画スペースを使って直接取り込むことも可能です。それぞれの色には名称をつけることができるので、直ぐに必要な色を探せます。

カラー・ライブラリを一旦作成したら以下のことが可能です:
- ロックして、他の色を使わないようにする
- ファイルとして保存して別のプロジェクト内で使うことが出来る

The power of Color Library

色にインデックスを付けることで、ワンクリックで色のニュアンスを変えたり、全ての画に対して色の変更をすることが可能になりました。

The power of Color Library

CTG レイヤーを使ってテクスチャの貼り付けをする

一旦彩色が終わったら、一色、あるいは複数の色エリア(好きな色を選択可能)をトラックして、テクスチャ(画像ライブラリに保存してあるもの)を適用できます。

Using Texturizer

This powerful tool gets very useful, especially to apply background textures, a stain a clothes or a specific pattern (like a book cover, for example).

Thanks to a grid whose you can set the rigidity and number of points, you can place the texture everywhere you want frame per frame or you can let this tool work for you.

Using Texturizer

FX : "Brush Spreading" & "Inlay Texture"

If applying textures from CTG layers does not suit you, these 2 new FX will satisfy you.

• "Brush Spreading" uses the custom brush of your choice to redraw a shape's outline. Moreover, this FX gives good results if you want to modify a picture and give it a painted looking :

Original file Applying Brush Spreading FX

Original file Applying Brush Spreading FX

• "Inlay texture" uses an image source (paper, custom brush), and makes it mold the whole shape to give it an embossed design or a painting looking (results depends on the brush and the shape).

Original file Applying Inlay Texture FX

Chromatic Wheel

It has been asked for such a long time ! Finally, the Chromatic Wheel is available in TVPaint Animation 11.

Chromatic Wheel

Handy features to improve your drawings

Drawing Guidelines

Lines, ellipses, perspectives with several vanishing points, grids, image references, safe area outlining... All these heads-up displayed tools bring a significant assistance to the construction and animation of drawings, both in volume and perspective.

Drawing Guidelines

Combines with the Image Library, you can use image guides as color palettes or visual references for your drawings.

Drawing Guidelines

Incredible Warp Tool

With our new warp tool (available in the main panel), you can now distort, stretch or bend your drawings as if they were bubble gum. The funny aspect aside, this great tool becomes fastly indispensable, as it allows you to adjust even the tiniest inaccuracy in a drawing with unsurpassed ease of use.

Combine this feature with the Image Library to simulate Cut-out animation.

Warp Tool

ラインスムージング

ラインスムージングは、TVPaint Animation 9.5 で初めて導入された機能ですが、v11で改善されました。

前のバージョンでは、「形の設定」で利用できましたが、このバージョンからメインパネルに専用のアイコンが追加されました。

更に、新規オプションが追加されています
・2種類のスムーズタイプ:「平均」と「糸を引く」
・HUDオプションのチェックが可能

消しゴムツールがツールパネルにデフォルトで追加

TVPaint では描画ブラシをそのまま消しゴムツールに帰ることが可能ですが、多くのユーザーからデフォルトで簡単に利用できる消しゴムツールが欲しいとのリクエストがありました。

今回のバージョンアップで実現しました。「特殊ブラシ」と「ワープブラシ」が一緒になり、消しゴムツールアイコンが追加されました。

Eraser tool

アンチエリアスが、均一に塗るツールにも使用可能

この機能のリクエストは、数ヶ月前からありましたが、アンチエリアスオプションが均一に塗るツールにも使える様になりました。

Anti-aliasing with TVPaint Animation 11

アニメートするための便利なツール

好きなように画像をフリップ(パラパラめくる)

描いた原画や動画をフリップ(パラパラめくる)する方法には様々なものがあります。全てのアニメータを満足できるように、新しくフリップパネルを追加しました。

このパネルを使えば、自分のアニメーションをフリップする方法を設定できます。
- 画像の名称を使って設定する
- 適用範囲を選択する(プロジェクト内、現在作業中のクリップ、現在作業中のレイヤー等)
- チェックポイントを選択する(画像、インスタンスの頭、画像のマーク等)

Flips Panel

自動分割と自動画像作成機能をレイヤー別に設定可能

TVPaint Animation 9 と 10 で追加された、この2つの機能は、TVPaintの設定では全体に適用されていました。

TVPaint Animation 11 では、この2つのオプションをレイヤーごとに適用することが可能になりました。この2つのアイコンで、このオプションを有効/無効にすることが出来ます。

Auto-Break / Auto-Create Frame icons

もちろん。レイヤープリセットマネージャを使ってもこれらのオプションを設定可能です。

プロキシの速度アップ

プロキシの速度が最大25%向上しました。これにより画像をより早く作業でき、エクスポートもより迅速に行えます。

ライトテーブルの改善

アニメートするのに最も便利なTVPaint のこのツールが更に改善されました。

• 「濃淡」モードが追加され、均一に塗られた形をアニメートする時に便利になりました。

• アウトオブペグ(タップ穴)の数値を変更可能になりました(HUDはそのまま使えます)。

Light Table's new features

連続した画像のドラッグ&ドロップ機能に関する、マイナーな改善

TVPaint Animation 10 に追加された機能ですが、ポップアップ表示により選択された画像がより見やすくなりました。

Drag and drop

エクスポートに関して、新規オプション追加

自動保存機能追加

とうとう自動保存機能が追加されました。TVPaint Animation 11 では、作業しているファイルが自動的に保存されます。これを自動バックアップ機能と連動して使えば、クラッシュや電源が落ちてしまった場合などに、非常に効果的です。

保存オプションが増えたことで、環境設定パネルに保存タブが追加されました。

Auto Save Options

エクスポートしたプロジェクトに、より多くの情報の表示が可能

エクスポートパネルの「クラップ」オプションにより、ファイルのエスポートの際、シークエンスの情報を表示できるようになりました。

Display more information when exporting your project

Flix (The Foundry©) との互換性追加

TVPaint Animation 11 では.XLM 形式でのエクスポートが出来るようになり、Flix ソリューション(The Foundry©)との互換性が実現しました。

Flix

その他の改善点

スタンダード・エディションの Linux 版リリース

以前のバージョンのユーザーの方には利用できませんでしたが、TVPaint Animation 11 スタンダード・エディションで Linux の OS (RedHat、Ubuntu等)が利用できるようになりました。

Standard Edition on Linux

TVPaint内の検索エンジン

クリップ、レイヤー、そしてインスタンスに名称をつけることが可能である点を利用して、名称で検索できる便利な検索エンジンを追加しました。

よく知られているショートカット[CLTR + F]を使い、以下のものを探すことが出来ます。
- プロジェクト
- 開いてある全てプロジェクトのクリップ
- 現在作業中のプロジェクトのレイヤー
- 現在作業中のクリップのインスタンス

Search Engine