2Dアニメーション制作の、 万能ソフトウェア。

 
コロナウイルス流行病に伴い、現在は納期が世界へ遅延されています。ご理解のほど、宜しくお願い致します。

技術的な質問

TVPaint Animation Professional EditionとStandard Editionの違いを教えて下さい。

● 64bitアプリケーション・Standard Editionは32bitアプリケーションのみの提供となります。
  Professional Editionは1つのライセンスでWindows/Mac/Linux(次項参照)用アプリケーションをご利用いただけます。
● パスワード設定可能なレイヤー保護機能
  例えば作画監督・動画チェックの修正指示にご利用いただけます。
● マルチトラック編集機能
  Standard Editionでは1トラックのみに制限されます。
● レイヤー合成モード
  Standard Editionはレイヤーモードを変更できません(乗算・除外・消去・覆い焼きなど)。
● 特殊効果・FX機能
  Professional Editionはより多くの効果をご利用いただけます。
 (ブルーまたはグリーンスクリーンによるクロマキー合成、トランジション、変形効果のレンダリングなど)
● ルーム・インターフェース
  Professional Editionは最大4つのパレットおよびツールレイアウトを「ルーム」として保存します。
● ストーリーボード(絵コンテ)タブの有無
 ・アニマティクス(ビデオ絵コンテ)機能。
 ・アニマティクス(ビデオ絵コンテ)作成用カメラ・ツール
 ・欧米式(横方向スクロール)または日本式(絵コンテ・縦方向スクロール)表示変更
 ・PDF/HTML形式エクスポート。柔軟なカスタマイズが可能。
 ・クリップ(カット)所要時間を直感的なドラッグ操作で伸縮変更。
● 音声トラックのプロジェクト・ビュー表示(タイムラインで管理可能)。
● Xシートタブ…リップシンク作成の為のラッシュ再生機能
● ブラシモード…修復(キズやシミ・スキャンノイズの修正)
● BlackMagic Design社製キャプチャーカード等、各社グラフィックI/O拡張ボードへの対応
● などなど…

これらはProfessional Edition限定機能の、ほんの一部に過ぎません。より詳しい情報は歴代バージョン比較一覧表(PDF)をご覧下さい。


TVPaintアニメーションの動作環境を教えて下さい

Windows:
  Windows Vista・Windows 7 ・ Windows 8・Windows 10

Macintosh:
  Lion (10.7), Mountain Lion (10.8), Maverick (10.9), Yosemite (10.10) , El Capitan (10.11), Sierra (10.12), High Sierra (10.13), Mojave (10.14) & Catalina (10.15). 対

Linux:
  Ubuntu 12.04・Debian 6・RedHat Entreprise Linux 5・Fedora 15 以上


 CPU:メモリ 2Gバイト以上 / 4Gバイト以上推奨
 ハードディスク空き容量:10Gバイト以上
 アーキテクチャ:32/64bit OS対応

 高性能GPUカード導入の必要はありません。
TVPaint Animationの処理能力はCPUパワー・搭載メモリ・ハードディスクの容量・回転数およびアクセススピードに依存します。


最新版アップデートをかける場合、既存のTVPaint設定を上書きしてしまうことはありませんか?カスタマイズ済設定ファイルのバックアップ方法を教えて下さい。

 既存の設定ファイルを上書き・破損する事はございません。が、万が一に備えのバックアップは非常に有効です。
バックアップ・圧縮または(フローの統一などの目的で)設定ファイル配布を行う場合は下記ディレクトリ・フォルダを選択して下さい。

• Windows:
 Documents and Settings→「ユーザー名」→「application Data(Windows Vista・7ではAppData)」→「TVPaint Animation 11」→「default」

• Macintosh:
 「ユーザー」→「ライブラリ」→「tvp animation 11 pro」→「default」
  ※MacOS 10.7 Lionは「ライブラリ」を隠しフォルダに設定しています。
   Finderメニューバーの「移動」をoptionキーを押しながらクリックすると「ライブラリ」が追加されます。

• Linux:
 例)Ubuntu
 「Documents」(ctrl + Hで不可視フォルダ表示)→「.tvp」フォルダをダブルクリックし
  「TVPaint Animation 11 Pro」→「Default」

 バックアップからの設定ファイル復旧は「default」ディレクトリ/フォルダの上書きコピーで行って下さい。


I've received my software, but I don't have a DVD player to install it. What can I do ?

Don't panic ! You can download and install your software thanks to your activation codes (lock code / unlock code).
Please contact us and send us your names, invoice number and your dongle number.


TVPaintアニメーションがベジェ・ベクターペンツールを実装しない理由はなんですか?

アニメーターが「紙に鉛筆で描く」手法…ラスター・ビットマップ描画にとことんこだわるソフトだからです。動きの元となるキーフレームをクリーンな線で描いてから「トゥイーン(モーフィング変形)」させる事が、アニメーション作りと呼べるでしょうか?観覧者が心打たれるのはむしろ、多少形が崩れていても描線に躍動感を感じる方ではないでしょうか。ラスター・ビットマップ技術は画一的なベクター技術よりも製作者ひとりひとりの多様性を尊重します。


TVPaintアニメーションをインストールを終えたところです。しかしアプリケーションを起動する度に「TVPaintアニメーション cannot locate(以下のファイルが見つかりませんでした)」エラーが表示されます:
%sdpsddr.dll
bluevelvet3.dll
dpsddr.dll
nt_tools.dll%s
回避策はないでしょうか?

この現象は「特殊なキャプチャーボード対応プラグインがインストールされている場合」に発生します。
TVPaintアニメーションを一旦削除の後、再インストールを行って下さい。プラグイン本体はスキップされ、エラーメッセージに表示されたドライバのみインストールします。


カラーモード(CMYB・RGB・HSV色空間ほか)の選択ができません。

カラーモードとは電子化された画像とプリンターの表現能力に起因する問題です。TVPaintアニメーションはTV・モニター画面への出力とアニメーション制作ソフトです。そのため、カラーモードという概念が存在しません。


My MacOSX 10.8 / 10.9 says: "TVPaint Animation.app is damaged and can’t be opened.". What can I do?

このOSは、デフォルトで、アップルストアを通していないソフトウェアのインストールが出来ない設定になっています。このため以下の様なメッセージがでてくる事があります。

MacOSX 10.8/10.9

この問題を解決するためには、アプリケーション>システム環境設定を開いて、〔セキュリティとプライバシー〕をクリックしてください。その後、以下に示す手順に従って下さい。

MacOSX 10.8/10.9

これで TVPaint Animation 10 のインストールをしていただけます。問題が残る場合、弊社までご連絡お願いいたします。


TVPaintアニメーションの用紙・キャンバス設定項目に「解像度(dpi)」がないのはどうしてですか?

dpiは印刷出力・プリントアウト時にのみ必要とされる概念です。デジカメで例えれば500万画素・1000万画素と画素数が高くなるほどきめ細かい写真が撮影できる目安になります。解像度はdot per inch=1インチあたりのドット数で計測されます。つまり、dpi数が高いほどプリンターや輪転機から出力される画像の表現はより細かく再現できます。アニメーションは「印刷しない」メディアですから、解像度は重視されません。アニメーションの世界で解像度を心配することは、イラストレーション(静止画)の世界でFPS(秒当たりのフレーム数)を気にする様なものです。ただし、TVPaintアニメーションで作成したカットをDTPソフトウェアで配置する画像に変換すること自体は可能です。プロジェクトファイルから出力に最適な解像度を設定すればあとは簡単操作で書きだせます。例:
8x10(バイテン・大判)カメラサイズに設定されたプロジェクトを例を挙げると、Webサイト用画像(72dpi)に変換する場合は576x792ピクセル。商業誌印刷用画像・300dpiに使う場合は2400x3300ピクセルに変換すれば良いのです。(註釈:日本のフルハイビジョン作品の解像度は192dpiです。また商業カラー印刷は350dpiを前提とします)

FAQ's themes